s_IMG_8065.jpg
白Tの着まわしのしやすさは異常。
右の殿が着てるのはただ今製作中、販売予定です(´▽`)
左のニャルロッテが着てるのは私用です、どうしても作りたかった。
あと作りたい私用のTシャツが数種類ある、へへ。

s_IMG_8086.jpg
いつもタイトめなパンツを作ってるけど今回はゆるめ。
ウエストの紐で調節するタイプに、小さいリボン結びって大変だと思うんですが
このリボンは綿素材なので滑りにくく結びやすい方かと。
サテンリボンもね、最初の結びの時に2周からげると緩みにくいですよ。

からげるって標準語?

この服は上下共にミディブライスぴったりです。
今までのタイトめなパンツだとミディのウエストには緩めだったんですが
今回紐で調節できるので中々可愛い感じに、フェスにガチ参戦する女の子みたい(^m^)

Tシャツとゆるパンと後は何をセットにしようかな~、羽織るシャツ?
夏が来る前に仕上げたいです。

追記は私用メモみたいなものです、歯医者に関しての。
割と書いておくと便利なんです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
kaoブログランキング二つに参加中です(*^ω^*)気に入ったら是非ポチッと押して下さいkao

待ちに待った歯医者の日(^-^)!

そんなわけも無く胃痛で起きる。

あんな激痛に襲われたのに他の歯医者に行ってしまった罪悪感が少しある。
頭が良い人に対しての対応が分からない。

予約の時間ぴったりに行く、案の定30分待たされる。
この日はナイトガード受け取るだけなんだけどな~、受け取ったらさっさと帰りたいんだけどな~
なんて思ってたら通された個室。

-詰問の予感を察知-

助手の方が入ってきて「他の所行かれたんですか~?」

当たり前の言葉だけど今の私にとっては攻撃性が高い

「夜中すごく痛くなって・・・」としか言えず。

同情する素振りも無く「どんな診断されました?」「どんな処置しましたか?」「ちょっと見せてください」

ピンセットを持ち出した助手の方に思わず「な、何するんでしょうか・・・」
今処置してもらってる歯医者の先生はやる前に説明をしてくれるので
無許可のアクションに敏感に反応してしまう
仮の蓋を外されるんじゃないかって

「ちょっと歯を揺らすだけです^^」

別の歯医者で処置中の、しかも激痛を伴った歯を

揺らす(゜゜)

痛みが0だったのに振動で目覚める鈍痛(精神的な物かもしれないけど)

「顎が痛いって来られたんですよね」

確かに私は顎が痛いと言ったけど、それ以前に「親知らずが痛い」と言ったんです。
診断を受けて痛み止めの説明を受けた時にも「親知らずでは無いんですか?」と尋ねたんですが
0.2秒で返された「はい違いますー^^」
結局親知らずではなかったんですが親知らずが痛いと思ったのは歯が痛いから。

「親知らずが痛いとも伝えたんですけど」

「でも顎が痛いといわれましたよね?」

その後先生が来ても同じ事を何度も聞かれ「はぁ・・・えぇ・・・」しか言えず
きっとここで「はい!言いました!私が間違ってましたね~(^^;)」なんて言えてたら
万事解決だったんだろうけど数人に囲まれて言えるわけがなく、ね。

いっそのこと「誤診じゃないからね!」と言われた方がマシな物腰柔らかな言葉の暴力を15分^~^

先生が「痛み止めとかはあちらで貰うでしょうから」なんて言ってたり
欲しいとも言ってないしここのは別に効かないし・・・謎の"あちら"

今回の歯痛に意味を成さないナイトガードの説明は1分で終了
「付けて悪い事はないですから!最悪つけなくても良いですし^^!」でした。
明確で分かりやすい。

最後にびっくりだったのがいつも歯医者を出ても外まで聞こえる受付の方の明るい声が無かったこと。
会計を済ませて外に出るまで何回も大きな声で「お疲れ様でしたー!」「お気をつけてー!」を連呼してたのが
今回は会計を済ませて「ありがとうございました」とローテンションで一言。

(T▽T)

まぁこれでこの件は強制的に終わるんだけど何か

何かなぁ・・・
「お大事に」の一言でもあったら違ったんだろうか、それともそれすら嫌味に感じてしまうのか
私が不信感を抱いてる間はきっとどんな言動もマイナスイメージになるんだろうな

大人数が一人に対して、しかも逃げ場の無い個室でアウェーの状態を作られると言うのは本当に苦だな

ドッと疲れが出た(×。×)
でもこれからは改善に進む道しかない(はず)
これで気分一掃しよう^~^スッキリだ。
スポンサーサイト